学校概要

校区の概要

国道190号線ぞいの瀬戸内海に面した山陽小野田市大字津布田の大部分が校区にあたり、海岸沿いに開けた平地には農地、住宅が点在する。
本校の南から西にかけては、瀬戸内海、関門橋、北九州の連山が遠望でき、東から北にかけては、緑の山なみや田園風景を見渡すことができる、誠に風光明媚の地である。また、地質学上でも有名で、植物化石や地層の不整合面が表出している。
本校区の全世帯数は500戸あまりで、産業としては海に沿って水産加工業の工場や卸売業者があるものの、海岸線は単調な遠浅で漁港もなく、漁業に従事する人は少ない。農業については大部分が兼業農家であり、市内や下関市、宇部市方面に通勤する人が多い。
昭和50年に、埴生小学校分校から独立校として開校以来、地区住民や保護者の教育に対する関心は高く、学校教育について大変協力的である。PTA活動や子ども会活動等、社会教育活動も盛んである。

沿革

【分校時代】
明治 7
13
21
33
41
昭和16
22
31
埴生小学校津布田分校として西ヶ浴に開校。
津布田小学校となる。(第37小学区)
糸根小学校分校となる。
津布田尋常小学校となる。
糸根尋常高等小学校津布田分教場となる。
糸根国民小学校津布田分教場と改称。
埴生小学校津布田分校と改称。(第4学年までの児童)
町村合併により山陽町立埴生小学校津布田分校となる。
【津布田小学校時代】
昭和50
52
54
60
61
63
平成 元



10
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27

28
29
山陽町立津布田小学校として開校。
プール完成。運動場拡張。
講堂兼屋内運動場完成。
日本学校健康山口県支部から安全教育の表彰を受ける。
山口県警本部・県交通安全協会から交通安全表彰を受ける。
山口県花いっぱい運動優良賞受賞。(~平成3まで4年連続受賞)
山口県健康優良学校賞受賞。
全日本交通安全協会から交通安全優良学校として全国表彰を受ける。
山陽町教育委員会からの学校同和教育研究校指定を受ける。(5年まで)
山口県健康優良学校賞受賞。アルミ缶リサイクル協会から全国表彰を受ける。
山陽町花壇コンクール優秀賞受賞。(平成11年、14~16年も受賞)
山陽町教育委員会からの学校同和教育研究校指定を受ける。(13年まで)
すべり台設置。
プールフェンス取り替え。ステンレス製鉄棒設置。
学校支援地域本部事業開始。山陽小野田市花壇コンクール優秀賞受賞。
うんてい設置。山陽小野田市花壇コンクール優秀賞受賞。
登り棒・ジャングルジム設置。山陽小野田市花壇コンクール努力賞受賞。
体育館耐震化工事完了。小さな親切運動実行賞受賞。
環境美化教育優良学校賞受賞。
管理特別普通教室棟耐震化工事完了。
開校40周年事業実施。
世界スカウトジャンボリー開催。(44名のスカウトと交流)
学校運営協議会設置。コミュニティースクールとなる。
やまぐちエコリーダースクール環境教育実践優秀校として表彰を受ける。
給食搬入口・プラットホーム設置。