学校経営の概要(赤い文字が新たな取組です)

校  訓:       誠実明朗   ・ 自主勤勉  ・  礼節和親

学校教育目標:[夢や希望に向かって自己を高め、
               気づき・考え・行動できる生徒の育成]

<めざす生徒像>

○ 気持ちのよいあいさつを交わし、他者とのつながりを大切にする生徒 【誠実明朗】
○ 高い志をもち、その実現のために主体的に活動する生徒       【自主勤勉】
○ 正しい判断力と思いやりの心をもち、規律ある生活をする生徒    【礼節和親】

 

<チャレンジ目標>

○ 相手より先にあいさつをし、心を開こう!       
○ 奉仕作業やボランティアに取り組み、心を磨こう! 
○ 時間を守って自ら行動し、心を鍛えよう!
○ 友達のよさを見つけ、心を伝え合おう!


<めざす学校像>

○ 一人ひとりに居場所があり、個性を活かし伸ばす学校(自己存在)
○ やる気を育み、目標に向けた一人ひとりの志を高める学校(自己決定)
○ 思いやりの心と他者との関わりを大切にし、協力して実践する学校(共感的人間関係)
○ 一人ひとりの能力を高め、可能性を広げる学校
○ 地域との協働の教育を実践し、地域と共に育っていく学校


<求める教師像>

○ 豊かな人間性と人権尊重の精神を身に付けた教師
○ 強い使命感と倫理観をもち続けることができる教師
○ 生徒を共感的に理解し、深い教育的愛情をもっている教師
○ 豊かな社会性をもち、幅広いコミュニケーションができる教師
○ 常に自己研鑽に努め、意欲とチャレンジ精神のある教師



学校経営方針

1 市施策「生活改善・学力向上プロジェクト」を推進する。
2 特色ある教育課程の編成、実施、評価に努める。
3 生徒の個性・能力を伸張する教育の充実に努める。
4 学校・家庭・地域の連携のもと、地域に開かれた学校づくりの推進に努める。
5 学校危機に対応できる体制の構築に努める。
6 教職員の資質向上のためのOJT、Off-JT、SD等の研修の充実に努める。

<努 力 点>

◎生徒指導の3機能を意図した教育活動の推進
 「自己存在感を与える」「自己決定の場を与える」「共感的人間関係の育成」

◎特別支援教育の視点に立った生徒指導の推進
  その生徒の困り感を理解する。「困った子」から「困っている子」へ

◎授業力向上をめざした小中連携教育の充実

1 学習環境を整え、個に応じた基礎・基本の定着と確かな学力の向上を図る。
2 寄り添い、関わり続ける生徒指導を実践する。
3 豊かな心と健やかな体づくりを推進し、生徒の元気を創造する。
4 りゅうみんネットの深化・発展による地域との連携強化を図る。
5 『竜王中学校のブランド化 ロケット型活性化プロジェクト』を全校体制で推進し、更なる
 魅力ある学校づくりをめざす。
  ロケット型活性化プロジェクトとは…(クリックしてください)