立志のつどいの様子(2・10(金))

『  目  的  』
将来の希望と決意を新たにして、実現を目指して努力していこうとする態度を育てる。                               
やがて迎える最高学年としての自覚を促し、学校の中心的存在として、よりより学校生活を目指していこうとする態度を育てる。       「一人一事業所」で行われた職場体験学習の発表を通して、やがて直面する社会の中で生きる厳しさを自覚させる。             
 
 

 
  開式の言葉、校長式辞の後、生徒代表決意発表を、岡田優希くん、折口花音さんが行いました。                     
 
 
式の最後には、気持ちを新たに、校歌を斉唱しました。第2部は卒業生を迎えて
進行も新生徒会が行いました。     
 最初に、卒業生の小野田工業高等学校2年生の吉弘寛大さんと宇部中央高等学校2年生の白石桃々佳さんのお話を聞きました。
 
 
 
  お話の後には、後輩からの質問に丁寧に答えていただきました。             
 卒業生の講演の後は、職場体験学習の発表です。レポート発表は、大西勇人くんと津村未来佳さんでした。             
 最後にビデオ上映「14年間の歩み」をみて感動的に式を終えました。