平成28年度 地域ふれあい交流活動補助事業

1 補助事業の概要

(1)事業の目的
 小野田の町に伝わる竜王伝説の龍舞を本校の伝統として演じることで、子ども達に郷土を愛する心を育てることができる。
 また、それを地域の人々に知ってもらうことで、故郷全体の活性化につながると考える。今回の補助事業により、和太鼓や衣装を
 そろえることによって、より迫力のある演奏でリアルな龍舞が表現でき、今まで以上の感動を与え、強い達成感を味わわせるのが目的である。

(2)実施内容
 ア 龍舞誕生の歴史についての学習会 
 講師を招聘し、小野田の歴史の中から、龍にまつわる伝説や、小野田の町の発展と龍との関わりを学び、自分たちで学習を深めていく。
 龍が小野田の町のシンボル的存在になっていくことや、龍舞が舞われるようになった経緯についても学習する。

 イ 龍の動きを学ぶ学習会
 講師を招聘し、龍舞の踊り方について実際に実技指導を受ける。龍の迫力のある舞を指導していただくことにより、
 龍舞に関する子ども達の興味・関心をより高めることができる。

 

 ウ フェスティバル・市の竜王伝説での発表
 自分たちで練習を繰り返した後、本校のフェスティバルにて児童の部、保護者・地域の部でステージ発表を実施する。
 また、市の竜王伝 説の中で、子ども龍舞としてステージ発表をして市民に発表する。

2 予想される事業実施効果

 今回の事業により、本校の伝統である龍舞は、迫力の面でも見栄えの面でも格段に良くなった。全校児童、保護者、地域、教職員全てが
 その効果を認めることができ、迫力を増した発表に感動を覚えた。龍舞が本校の伝統として素晴らしいものとして根付くことにより、
 それを大変歓迎してくれている保護者、地域と学校との関係性がとても良い方向に進むことが期待できる。また、全校児童が龍舞への
 憧れをもち、意欲的に参加することで、ふるさとを愛する心を育てることに大きな効果を期待できる。

 

【事業内容についての問い合わせ先 】
  山陽小野田市立小野田小学校
 〒756-0806 山口県山陽小野田市中川三丁目2番1号
 校長 野村 一也(ノムラ カズヤ)
 電話番号:0836-83-2066 FAX:0836-83-3136


Copyright Sanyo-Onoda Elementary School